So-net無料ブログ作成

今日は何の日? 『雨空でも陽極まる。』 [東洋医学]

こんにちは(・∀・)

ジトジトと雨が続きますね~

まぁ、今日はこんな天気ですから、随分とゆったりとした1日でした。

そのため、PCの前での作業がはかどる[exclamation]はかどる[exclamation]

 

先日、PCで見た時のブログのデザインを変更したのですが

今回はさらに見やすいように、CSS弄ってブログ全体のサイズを大きくしたり

目的の記事が見付けやすいように、カテゴリー別の記事の上に、そのカテゴリーの一覧が出るようになりました[ぴかぴか(新しい)]

いやぁー見やすくなった[exclamation×2]

そこまで大きな変化は無いように感じるかもしれませんが、色々ページを見て頂けたらと思います(*^^*)

 

いつ見るか?

今でしょ[exclamation×2]

 

では、そろそろ今日のお話・・・笑

 

6月21日

皆さんは何の日か分かりますでしょうか?

そう。

今日は、1年で最も昼間の明るい時間(日照時間)が長くなる日。

『夏至(げし)』なんですね[ひらめき]

 

夏至というのは、その文字の通り、『夏に至る』時期。

この日を過ぎると、いよいよ夏が始まりますよー

という意味なんですが・・・

実際は、この天気[exclamation]

梅雨真っただ中で、今日なんかちっとも太陽は出ませんでしたね(;^ω^)

 

この『夏至』

実は、東洋医学の根幹にある『東洋哲学の思想』が反映しているん[ひらめき]

 

前に書いたと五行』というものについて、まず見て頂けたらと思いますが・・・
⇒『陰陽五行』という言葉を知っていますか?

古代中国の思想に

「陰極まれば陽となり、陽極まれば陰となる」という言葉があります。

これは『陰陽転化』といい

平衡を保ち、対立関係にある『陰』『陽』は、

片方が極まり強くなると、一定の条件下で相反する方へ『質』が変わっていくということを言っています。

どういうことかと言いますと

昼間の時間が長いというのは、「の気が多い」ということを意味しています。

冬の寒く暗い時期から、徐々に山を登るように

暖かく明るい陽の気が増えていき、『夏至』という、頂上・「の極み」にたどり着きます。

そして

ゆっくり山を下るように、陰の気が増えていき、「の極み」・『冬至』を迎え、

そして、また徐々に「の極み」・『夏至』に向かって山を登っていきます。

 

この「だから何?」という考えが

鍼灸・経絡治療をする上には、とても大切なことなんですね~[ひらめき]

なんだか、よく分からなかったという方は

直接、治療の際に質問してみてください(・∀・)ノ

 

少しでも、「へー、なるほど。」と

こんな話でも興味をもって頂けたら幸いです(*^^*)

 

【本院】 強谷針灸治療所

【浦和院】 結心はり灸院

強谷 直佑

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0