So-net無料ブログ作成

『五行説』と人体の繋がり。 [東洋医学]

東洋医学・鍼灸では

五行説という考え方をもとに身体の状態を把握し、治療を行っています。

 

五行説「木・火・土・金・水」とは

古代中国で、日常生活と生産活動の中から不可欠の基本物質として認識され、

そして中国・戦国時代末期には、この五行間に働いている機能関係が発見されました。 

「木」は燃料となり「火」を生み、「火」が燃え灰になって「土」ができる。

「土」中からは鉱物や「金」属類が産出され

「金」属の表面には凝結により「水」が生じ、「水」によって「木」は養われ成長していく。

この機能は「相生関係」と呼ばれ、事象の発生と発展、変化などの運動法則として確立されました。

 

この五行説は医学の分野にも応用され、

「五臓六腑」という、人体構成の考え方が生まれました。

ここでポイントとなるのは

『五行説はそれぞれ繋がりがあるんです。』

image5.png

五臓で「肝」は肝臓の血管の走り方が樹木に似ていることから「木」に属し色では五臓の中でも最も青いことから「青」が配当されます。

その他の五臓も心火(赤)、脾土(黄)、肺金(白)、腎水(黒)と分類されます。

 

例えば

脾は、胃と一緒に飲食物の消化吸収司ります。

人は脾の働きによって、食べ物からエネルギーを採り、血となり肉となります。

脾は今日の様な湿気の多い夏や梅雨、秋の長雨の時季に犯しやすく

十分な休養をとらないで働いたり、長い時間椅子に『座って』いたりすると気血の巡りが悪くなり脾胃の働きが落ちてします。

消化吸収を司る脾の働きが悪くなると、食欲が落ちたり、下痢、浮腫みやすくなります。

そして、栄養がしっかりと採れないと、肌肉が痩せていってしまい、四肢に力が入らなくなります

 

甘いものが好きなそこのあなた!

今、 下痢しやすかったり浮腫みがあったりしませんか?

甘いものが好きな人というのは脾を犯しやすいんです。

 

『口』『唇』は飲食物の取り入れ口であり、脾胃と密接な関係があります。

あなたの周りにいる人で、唇が薄い人は少食ではありませんか?

唇の厚さというのは、その人の脾(消化吸収能力)を反映しています。 

脾胃の働きが悪くなると、唇やその周りにできものができたり、口内が荒れたりします。 


 

また、その人の性格も表すこともできるんです!

脾土経の人は

「意智、信なる人物」

全ての物事を思い考えて明らかにして、それを信じて行動する。

言いかえると八方美人で世渡り上手であるがお人好し。

「牛の如き人」

よく考え、慎重に落ち着いて行動する優しい人。

といった特徴があるんです。

 

ここまできてどうでしょう?

なんとなく自分が当てはまっているような・・・

という方がいらっしゃるかもしれません。

 

昔の人は凄いですよね~

体の特徴・性質、病態の変化もそうですが

人の性格まで表してしまうんですから[ぴかぴか(新しい)]

 

結心はり灸院

強谷 直佑

http://yushinhariq.com


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0